+ペット葬儀 ペットロス・霊園探しのアドバイス

ペットの納骨・埋葬

ペット葬儀TOP > ペット火葬の基礎知識 > ペットの納骨・埋葬

ペットの納骨・埋葬

火葬が終わり、四十九日などを区切りとして、ペットのお骨を納骨、または埋葬します。一般的には四十九日を区切りとされる方が多いですが、ペットの誕生日や飼い主様ご自身で決められた日にちを期限とする方もいらっしゃいます。


自宅埋葬


・納骨堂(合同、個別)
ペット霊園などの納骨堂に納骨します。合同納骨と、個別納骨があります。最近では永代納骨を利用される方も増えているようです。各霊園のホームページなどを見るとわかりますが、明るくて清潔感のある納骨堂が多いことにびっくりします。


・ペット霊園、墓地
ペット専用の墓地です。墓石のデザインを選べたり、好きな文字を彫刻してもらうことができます。色とりどりの花が咲くガーデン風の霊園もあります。また最近ではペットも人間と同じお墓に入ることのできる共葬墓地を用意している霊園も増えてきています。どちらも日当たりや眺望の良い気持ちいい場所にあって、非常に気持ちの良い所が多いです。

ペット霊園


・合同埋葬
他のペット達とともに供養塔に埋葬されます。一匹で埋葬されるより、他のペット達と一緒の方が寂しくないだろうということで、合同埋葬を選ばれる方もいらっしゃいます。


・自宅埋葬
自宅のお庭などに埋葬します。最近ではお庭やマンションのベランダにも違和感なく置くことのできる、彫刻タイプの墓石が人気を集めています。やはり、ペット達が身近にいてくれるのは安心ですよね。


・自然散骨
海や山などに散骨します。遠出することのできない飼い主様の代わりに業者が散骨を行うサービスもあります。