+ペット葬儀 ペットロス・ペット葬儀に関するアドバイス

悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!

ペット葬儀TOP > 後悔しない葬儀を行うために > 悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!

悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!

ほとんどのペット葬儀会社は誠実に業務を行っているのですが、残念なことに、中には悪質な業者も存在しています。大切なペットのためにも、悪質な業者にひっかからないよう知識をつけることが重要です。下記の記事は平成17年11月17日の毎日新聞に取り上げられた記事です。


「ペット火葬」ブーム便乗の悪質業者横行


ペットの火葬をめぐり、トラブルが相次いでいる。焼却炉を備えた車で飼い主宅まで出張した業者が、死骸(しがい)を焼却炉に入れた後に数十万円の高額料金を請求するもの。「嫌なら今すぐ焼却炉から出す」「遺骨を返さない」――などとすごみ、飼い主の愛情につけ込み金を要求する。ペットブームに便乗した悪質商法に、各消費者センターは注意を呼びかけている。


東京都消費生活総合センターによると、東京都内の50代女性は今年、インターネットでペットの火葬業者を見つけ連絡した。ホームページ(HP)では、体重別の料金を掲載。約20キロの犬は5万6000円で他の料金は一切かからないとあったが、業者は犬を移動火葬車の焼却炉に入れた後、22万円を請求した。


女性は抗議したが「生焼けで犬を返す」などと言われ、やむなく15万円を支払った。業者はその後も電話で執拗(しつよう)に残額の支払いを請求、警察通報後も電話は続いた。


同センターなどによると、業者は違っても手口には共通性がある。HPには小動物から大型犬まで、体重別に1万円台から数万円の料金が表示され、一部に「高速料金がかかる場合がある」などと書かれている場合もあるが、料金が請求されるのはきまってペットを焼却炉に入れた後。大型犬で火葬料金が6万円弱のはずが40万円請求された40代の男性もいた。


料金内訳の提示は書面ではなく口頭だけのことも。全額を払わないと、残額を支払う「示談書」名目の念書を取られたケースもあったという。


動物の火葬業者には基本的に法的規制がなく、同センターは「事前に見積もりを出させるなど料金の確認が必要。納得できない場合は、支払いや書類へのサインを急がないように」と話す。


トラブルは秋以降、関東で目立つ。国民生活センターによると、ペットサービスの相談は04年263件、05年314件、06年405件と増加している。【亀田早苗】 (毎日新聞 17日)


私が調査したところによると、悪徳業者には次のような特徴が挙げられます。

①総額がいくらなのかはっきりとせず、火葬後に強引にオプション料金を請求する
②高額な壷や位牌などを無理やり購入させようとする
③ペット霊園に納骨させるように強引に勧めてくる
④ペットの遺体を産業廃棄物業者や行政に引渡し、ゴミとして処理する
⑤ペットの遺骨を不法投棄する


このような業者が存在しているということに、本当に憤りを感じ、残念に思います。このような業者にだまされないために、誠実な業者を選ぶ目を養い、しっかりと自己防衛をしましょう。


中村流 悪徳業者にだまされない為の4か条

1、大きな広告よりも口コミ重視
大きな広告を出している所、ホームページの見た目がキレイなこと。これは、ペット葬儀の質になんら関係ありません。広告もホームページもお金さえあれば、より大きく、よりキレイにできるのです。だから、広告の大きさやホームページのキレイさを業者選びの基準にしないで下さい!
私は、経験者の口コミこそが一番信頼できる情報だと思います。周りにペット火葬経験者の方がいれば、どんな様子だったか等聞いてみるといいと思います。かかりつけの動物病院があれば、紹介してもらうこともできるでしょう。もし、周りに相談できる人がいない場合は、インターネットの掲示板やブログで口コミを探すことも出来ます。


2、複数の業者に見積り(コンタクト)を取る
時間に余裕があれば、複数の業者に見積りをとられたほうがいいと思います。複数の見積りをとることで、相場がわかるということもありますが、それぞれの業者の対応を比較することもできるからです。親切丁寧に対応してくれる所もあれば、「ご愁傷様でした」も言わずぶっきらぼうで事務的な対応をする所もあるでしょう。私は、「ファーストコンタクトの対応=葬儀の対応」だと思っています。電話での対応、訪問した時の言葉づかいや身だしなみは、業者を見極める基本となる重要なポイントです。ペットを失って悲しい思いをしているご家族の気持ちを考えることのできる業者は、きちっとした対応ができます。それができないような業者が、まともな葬儀ができるとは私は思えません。


このように複数の業者を比較するには時間も労力もかかります。難しいかもしれませんが、ペットを飼われている方は、いつか来るお別れの日のために、事前に情報収集をすることをお勧めします。ただ、ペットが健在なのに葬儀について調べることに抵抗を感じてしまうお気持ちもわかります。また、突然ペットを亡くされた場合はこのように事前に情報を集めることもできません。その場合は、最低でも次の2点を守ってください。


3、総額を書面で提出させる
先に挙げた新聞の事件のように、後から高額なオプション料金を請求された、という話はよく耳にします。そのような目に遭わないためにも、オプション料金も含めて総額いくらかかるのかを確認することが重要です。ペット火葬は、種類や重量によって料金が変わるので、ペットの種類や体重を伝え、料金を確認してください。また、必ず口頭ではなく書面で確認するようにしましょう。後から言った言わないのトラブルになるのを防ぐためです。


4、納得できない場合はサインしない、支払いしない
後から聞かされていないオプション料金を請求されたとしても、納得できない場合はサインや支払いはしないようにして下さい。

もし、遺骨を返さないなどの脅迫行為をされたり、最初の提示金額にはなかった高額な支払いをしつこく迫られた場合は、直ちに警察や国民生活センターに相談しましょう。

 

ペットが亡くなってしまった・・・その時飼い主ができること
大切なペットとの別れ
最期のお世話~ペットのご遺体を安置する方法
Q、ペットの供養にはどのような方法があるの?
Q、知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットを弔う方法を知る
ペットの土葬とその注意点
自治体に依頼する
ペット葬儀専門業者に依頼する
ペット火葬の基礎知識
葬儀業者に連絡する
ペット火葬の種類
ペット火葬にかかる費用の一例
後悔しない葬儀を行うために
葬儀で後悔しないために
悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!
ペットの納骨、埋葬・ペット霊園情報
ペットの納骨・埋葬
ペットを大切にできる霊園の選び方
Q、ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
Q、ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
ペットロスについて
ペットロス症候群について
ペットロスの具体的な症状(1)
ペットロスの具体的な症状(2)
ペットロスとの向き合い方
子供がペットロスを迎えたら
ペットロスの専門家たち
ペットロスの心を癒す詩 『虹の橋』のご紹介
Q、ペットもペットロスになることがあるの?
ペットロス体験談
ペットロス体験談について
愛犬を病気で亡くしました。
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペットの供養にはどのような方法があるの?
ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットもペットロスになることがあるの?
管理人のプロフィール
管理人の自己紹介
私がペット葬儀社で働くようになった理由
周囲の冷たい目・・・しかし