+ペット葬儀 ペットロス・ペット葬儀に関するアドバイス

私がペット葬儀社で働くようになった理由

ペット葬儀TOP > 管理人のプロフィール > 私がペット葬儀社で働くようになった理由

私がペット葬儀社で働くようになった理由

私がペット葬儀社で働くようになった理由は、13年間一緒に暮らした愛犬の死がきっかけでした。


スノーの写真
私が結婚し、初めての子どもが3才になった時に、その子は我が家にやって来ました。夫が同僚の家からもらってきた雑種の犬でした。やんちゃな子でしたが、とても優しい目をした、賢い犬でした。真っ白だから「スノー」という名前です。


子どもの入学や卒業を一緒に祝い、家族と一緒にいろんな所に行きました。私達家族をいつも笑わせてくれ、楽しませてくれる、かけがえのない存在だったのです。私にとっては、子育ての辛い時や人間関係で疲れてしまった時の心の支えでもありました。そばにいてくれるだけで、慰めてくれているような、そんな感じがしたのです。


そんな愛犬とも、いつかはお別れする時が来てしまうことは覚悟していました。でも実際にその時が来てしまうと、やはりとても辛いものでした。しばらくは家事も手に付かず、泣き暮らしていました。今で言うペットロスの状態だったのでしょう。その頃は「ペット葬儀」という概念すら全く知らず、きちんと供養してあげることができなかったことも、心残りでなりませんでした。


愛犬の死から数年後、知人を通じて「ペット葬儀」の存在を知りました。いまだに愛犬の死を引きずっていた私はその仕事にピンときました。大切なペットを亡くされた方の心の傷を少しでも和らげるお手伝いができれば、この悲しみから立ち直ることが出来ると思ったのです。


それから近くのペット葬儀社に頼みこみ、なんと一週間後にはそこでパート社員として働いていました!
中村さんとスノー

 

ペットが亡くなってしまった・・・その時飼い主ができること
大切なペットとの別れ
最期のお世話~ペットのご遺体を安置する方法
Q、ペットの供養にはどのような方法があるの?
Q、知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットを弔う方法を知る
ペットの土葬とその注意点
自治体に依頼する
ペット葬儀専門業者に依頼する
ペット火葬の基礎知識
葬儀業者に連絡する
ペット火葬の種類
ペット火葬にかかる費用の一例
後悔しない葬儀を行うために
葬儀で後悔しないために
悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!
ペットの納骨、埋葬・ペット霊園情報
ペットの納骨・埋葬
ペットを大切にできる霊園の選び方
Q、ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
Q、ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
ペットロスについて
ペットロス症候群について
ペットロスの具体的な症状(1)
ペットロスの具体的な症状(2)
ペットロスとの向き合い方
子供がペットロスを迎えたら
ペットロスの専門家たち
ペットロスの心を癒す詩 『虹の橋』のご紹介
Q、ペットもペットロスになることがあるの?
ペットロス体験談
ペットロス体験談について
愛犬を病気で亡くしました。
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペットの供養にはどのような方法があるの?
ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットもペットロスになることがあるの?
管理人のプロフィール
管理人の自己紹介
私がペット葬儀社で働くようになった理由
周囲の冷たい目・・・しかし