+ペット葬儀 ペットロス・ペット葬儀に関するアドバイス

ペットロスの具体的な症状(1)

ペット葬儀TOP > ペットロスについて > ペットロスの具体的な症状(1)

ペットロスの具体的な症状(1)

ペットロスについては、1982年にアメリカのHerbert A.NieburgさんとArlene C.Fischerさんが記した"PET LOSS"に詳しく書かれていますが、その翻訳書"ペットロス 家族動物の死を看つめて | 訳:田村博昭 | 文芸社"が日本で発刊されたのが2004年のことです。ようやく日本でもペットロスの概念が知られるようになってきたのかな、と思いましたが実際には残念ながらまだまだ一部の人たちにしか知られていません。


悲しいことにはペット葬儀を行う業者さんの中にもペットロスをしっかり理解されていない方もいらっしゃいます。それも、飼い主さんに直接対面する従業員の方までがきちんと理解できていて、適切に対応できるペット葬儀会社はそれほど多くありません。

ここでは少しでもペットロスへの理解が深まることを願い、ペットロスの具体的な症状について詳しく紹介したいと思います。


まずペットロスとは、ペットを亡くしたことによるショックなどで急激に変化した心理状態のことを言います。具体的には

ペットロスの女性


・茫然として何も考えられなくなる
・周囲に対する怒りを覚える
・自分への罪悪感にさいなまれる
・何もやる気がおきなくなったり、拒食症になる
・急に悲しくなったり、うまく話せなくなったり、感情が不安定になる


などの症状があり、そうした状態が続く期間や程度は飼い主さんによって様々で、一概には言えるものではありません。ただ、ペットを家族以上に可愛がるなどいわば「依存」とも言えるほどペットとの距離を保てなくなっているような方ほど、深刻なペットロスからなかなか抜け出せないという傾向があると言われています。


ただ、理解していただきたいことは程度の差はあっても基本的に全ての飼い主さんにペットロスは訪れる、ということです。ですので、飼い主さん自身はそうした心境に自分がなって、自分の感情をコントロールできなくなったとしても、それを異常なことだと考えて自分自身を否定したりは決してしないでほしいと思います。


また、ペットを亡くした飼い主さんの周囲の人やペット葬儀会社の担当者の方は、飼い主さんはそういう心理状態になるということを理解し、それを受け入れてあげてほしいと思います。


次からはペットロスの心理状況を順を追って説明してまいります。

 

ペットが亡くなってしまった・・・その時飼い主ができること
大切なペットとの別れ
最期のお世話~ペットのご遺体を安置する方法
Q、ペットの供養にはどのような方法があるの?
Q、知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットを弔う方法を知る
ペットの土葬とその注意点
自治体に依頼する
ペット葬儀専門業者に依頼する
ペット火葬の基礎知識
葬儀業者に連絡する
ペット火葬の種類
ペット火葬にかかる費用の一例
後悔しない葬儀を行うために
葬儀で後悔しないために
悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!
ペットの納骨、埋葬・ペット霊園情報
ペットの納骨・埋葬
ペットを大切にできる霊園の選び方
Q、ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
Q、ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
ペットロスについて
ペットロス症候群について
ペットロスの具体的な症状(1)
ペットロスの具体的な症状(2)
ペットロスとの向き合い方
子供がペットロスを迎えたら
ペットロスの専門家たち
ペットロスの心を癒す詩 『虹の橋』のご紹介
Q、ペットもペットロスになることがあるの?
ペットロス体験談
ペットロス体験談について
愛犬を病気で亡くしました。
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペットの供養にはどのような方法があるの?
ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットもペットロスになることがあるの?
管理人のプロフィール
管理人の自己紹介
私がペット葬儀社で働くようになった理由
周囲の冷たい目・・・しかし