+ペット葬儀 ペットロス・ペット葬儀に関するアドバイス

ペットの土葬とその注意点

ペット葬儀TOP > ペットを弔う方法を知る > ペットの土葬とその注意点

ペットの土葬とその注意点

ペットが亡くなってしまった場合、ペットの亡骸は飼い主が責任を持って亡骸を葬ってあげなければなりません。


今まで一番一般的な方法だったのが、自宅の庭に土葬をするという方法です。自分達で穴を掘って、手作りのお墓を作ってあげれば、きっとペット達も喜ぶでしょう。ずっと家族の側にいることができるのも、ペット達も飼い主様も安心だと思います。
ペットと家族の写真


しかし、土葬は他の野生動物に掘り返される危険性があり、深い穴を掘れる広い土地がないと難しいでしょう。また、土壌や水質の汚染に影響がないようにも配慮しなければなりません。


現在はマンションやアパート暮らしの方が多く、穴を掘れる場所を確保するのが難しいのが現状です。自分の土地以外に埋葬するのは法律で禁止されているので、空き地や公園に埋葬することもできません。


以上のことを考えると自宅に埋葬する場合でも、一旦火葬してから埋葬された方が宜しいかと思います。火葬すれば、ベランダやお部屋にお骨を置くことができます。
※専用のグッズが販売されております。
>ペットのメモリアルグッズ

 

ペットが亡くなってしまった・・・その時飼い主ができること
大切なペットとの別れ
最期のお世話~ペットのご遺体を安置する方法
Q、ペットの供養にはどのような方法があるの?
Q、知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットを弔う方法を知る
ペットの土葬とその注意点
自治体に依頼する
ペット葬儀専門業者に依頼する
ペット火葬の基礎知識
葬儀業者に連絡する
ペット火葬の種類
ペット火葬にかかる費用の一例
後悔しない葬儀を行うために
葬儀で後悔しないために
悪徳ペット葬儀会社に騙されるな!
ペットの納骨、埋葬・ペット霊園情報
ペットの納骨・埋葬
ペットを大切にできる霊園の選び方
Q、ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
Q、ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
ペットロスについて
ペットロス症候群について
ペットロスの具体的な症状(1)
ペットロスの具体的な症状(2)
ペットロスとの向き合い方
子供がペットロスを迎えたら
ペットロスの専門家たち
ペットロスの心を癒す詩 『虹の橋』のご紹介
Q、ペットもペットロスになることがあるの?
ペットロス体験談
ペットロス体験談について
愛犬を病気で亡くしました。
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペット葬儀・ペットロスQ&A一覧
ペットの供養にはどのような方法があるの?
ペットのお骨はいつまで手元に置いておく?
ペットのお骨を人間と同じお墓に入れるのは良くないの?
知人のペット葬儀に招かれた時のマナーは?
ペットもペットロスになることがあるの?
管理人のプロフィール
管理人の自己紹介
私がペット葬儀社で働くようになった理由
周囲の冷たい目・・・しかし